小説「後宮の烏」のあらすじ・作品紹介まとめ

白川紺子さんのラノベ小説「後宮の烏」のあらすじ情報を紹介します。

楽天

小説「後宮の烏」のあらすじを紹介!

小説「後宮の烏」のあらすじ(作品紹介)をこちらです。

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという――。時の皇帝・高峻は、ある依頼のために烏妃のもとを訪れる。この巡り合わせが、歴史を覆す「禁忌」になると知らずに。

小説「後宮の烏」あらすじの作品紹介

小説「後宮の烏」の他に配信・連載中のラノベのあらすじは?

今回はラノベ小説「後宮の烏(集英社オレンジ文庫)」のあらすじ情報を紹介しました。

小説「後宮の烏」の他に配信・連載中のラノベのあらすじはこちらをご覧ください。

小説・ラノベのあらすじ・発売日
「小説・ラノベのあらすじ・発売日」の記事一覧です。

今後は小説「後宮の烏」全巻の作品情報(最終回の結末など一部ネタバレを含む可能性あり)を紹介していく予定です。また、ラノベ小説「後宮の烏」最新刊から最終巻のあらすじ情報のほかにも、ストーリーの最後からその後へ続く続編の情報、単行本を無料で読む方法などもお知らせしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました