小説「オーバーライト」2巻までのあらすじ・作品紹介まとめ

池田明季哉さんのラノベ小説「オーバーライト」のあらすじ情報を紹介します。

最新刊を含む小説「オーバーライト」全巻の作品紹介をまとめてみました。

楽天

小説「オーバーライト」あらすじを最新刊まで紹介!

小説「オーバーライト」1巻から最新刊まで順番に各巻のあらすじを紹介します。

小説「オーバーライト」1巻のあらすじ

小説「オーバーライト」1巻のあらすじを紹介します。

イギリスのブリストルに留学中の大学生ヨシは、バイト先の店頭で“落書き”を発見する。それは、グラフィティと呼ばれる書き手(ライター)の意図が込められたアートの一種だった。 美人だけど常に気怠げ、何故か絵には詳しい先輩のブーディシアと共に落書きの犯人探しに乗り出すが――「……ブー? ずっと探していたのよ」「ララか。だから会いたくなかったんだ!」「えーと、つまりブーさんもライター」 ブーディシアも、かつて〈ブリストルのゴースト〉と呼ばれるグラフィティの天才ライターだったのである。 グラフィティを競い合った少女ララや仲間たちと、グラフィティの聖地を脅かす巨大な陰謀に立ち向かう挫折と再生を描いた感動の物語! 第26回電撃小説大賞《選考委員奨励賞》受賞作。

小説「オーバーライト」1巻の作品紹介

【最新刊】小説「オーバーライト」2巻のあらすじ

2020年10月10日発売の小説最新刊「オーバーライト」2巻のあらすじを紹介します。

ブーディシアやグラフィティ・クルーたちとの出会いによって音楽活動を再開したヨシ。そんな彼の元にかつてのバンド仲間、ボーカルのネリナが現れる!「ヨシの音楽には、魂がない」――ヨシの音楽に迷いを生じさせ、日本を離れる原因となった歌姫の突然の来訪。気まぐれな態度でヨシを惑わす少女の真意は? 一方、クリスマス間近の街ではグラフィティを否定するミュージシャンの宣戦布告をきっかけにグラフィティ排斥の動きが激化!〈Z〉を名乗る謎の人物によって街中のグラフィティが上書きされてしまう! 傷つけられたブーディシアのグラフィティ、立ち上がったララ率いる〈女王熊の復讐〉。ブリストルの未来、そしてヨシをめぐる三角関係の行方は?

小説「オーバーライト」2巻の作品紹介

小説「オーバーライト」の他に配信・連載中のラノベのあらすじは?

今回はラノベ小説「オーバーライト(電撃文庫)」のあらすじ情報を紹介しました。

小説「オーバーライト」の他に配信・連載中のラノベのあらすじはこちらをご覧ください。

※ここでは小説「オーバーライト」各巻の作品情報を紹介しているため、一部ネタバレ情報が含まれる場合があります。ラノベ小説「オーバーライト」3巻のあらすじ情報は、単行本の発売日が決定次第ご紹介する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました