「プラタナスの実」2巻までのあらすじ・作品紹介まとめ

の漫画「プラタナスの実 -小児科医療チャンネル-」のあらすじ情報を紹介します。

最新刊を含むコミックス「プラタナスの実」全巻の作品紹介をまとめてみました。

楽天

コミックス「プラタナスの実」あらすじを最新刊まで紹介!

コミックス「プラタナスの実」1巻から最新刊まで順番に各巻のあらすじを紹介します。

「プラタナスの実」1巻のあらすじ

コミックス「プラタナスの実」1巻のあらすじを紹介します。

『テセウスの船』作者が描く小児科医の物語。命を繋ぐ、音がする――奇跡のような、尊い音が――少子化、モンスターペアレント、コンビニ受診・・・社会的問題が山積みな一方で、「もしも」の大病が患者の中に潜むことを決して見逃せない日々。そんな「子供が好き」だけでは戦えない“心のコスパが悪い”医療現場に、やさしい笑顔で向き合う小児科医・鈴懸真心(ルビ:すずかけまこ)。これは“ゆりかごから大人になるまで”の子供たちと、その家族に寄り添う、暖かく誠実な、小児科医の物語――

コミックス「プラタナスの実」1巻の作品紹介

【最新刊】「プラタナスの実」2巻のあらすじ

1900年1月0日発売のコミックス最新刊「プラタナスの実」2巻のあらすじを紹介します。

小児科医に、悪い人はいない――交流を断絶していた父から突然、新しく設立する小児科で働かないか、と誘われた真心(ルビ:まこ)。決断をできないまま、母の墓参り、という名目で再び父の病院がある北海道へ行くことに。かつて小児科医だった母、現在小児外科医として働く兄。家族のことを考え、さまざまな想いが真心の頭を巡る。そんな道中で真心は、あるピアニストの少女に出会い――!?

コミックス「プラタナスの実」2巻の作品紹介

漫画「プラタナスの実」の他に配信・連載中の漫画のあらすじは?

今回はプラタナスの実」のあらすじ情報を紹介しました。

漫画「プラタナスの実」の他に配信・連載中の漫画のあらすじはこちらをご覧ください。

※ここでは漫画「プラタナスの実 -小児科医療チャンネル-」各巻の作品情報を紹介しているため、一部ネタバレ情報が含まれる場合があります。「プラタナスの実」3巻のあらすじ情報は、単行本の発売日が決定次第ご紹介する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました